看護師に限らず、自分の仕事に誇りを持つということは良いことですし、その誇りに見合ったプロフェッショナルな仕事ぶりが求められます。特に今まさに命の危機と戦っている患者さんを相手に看護を行う病棟看護師には、良い意味でプライドを持って仕事をすることが望まれます。
良いプライド。どのようなものかと説明するのは難しいのですが、一般論としては自分の仕事内容を明確にし、責任範囲の中でその仕事に全力を傾ける。そういった心構えや姿勢なのではないでしょうか。
そうすることによって、チーム医療の中でも看護の領域についてはすべての医療スタッフが看護師に全幅の信頼を寄せることができます。逆に信頼できない看護師と同じチームになったのでは他のスタッフもたまったものではありません。

自分の状況や周囲の状況を適切に把握すること。良いと思えるアドバイスがあれば耳を傾け、必要であれば柔軟に取り入れる。どのような状況でも冷静に判断を下すことができる。いざという時には責任を持って逃げ出すことなく職務を遂行する。
簡単に思えるかもしれませんし、当たり前のことだと思っている人も多いでしょう。しかし、看護師に限らずこれらのことが案外きちんとできている人は少ないものです。
こうしたことのできる、良いプライドを持った看護師は現状と理想のギャップも正確に把握できるものです。当然それを埋めるための行動も的確でスピーディーです。
どうでしょう。これだけ聞けば、一緒に働く看護師がそうだったら尊敬できるのではないですか。また、患者さんの立場からすればこうした看護師であれば信頼してすべてを任せることができます。

看護師の働く場所はたくさんあります。病院、医院、クリニック。これらは同じようなことをやっているようにも思えますが、そこが果たす役割は全く違います。必然的に看護師に求められる能力も違います。
助産院、献血センター、企業の保健室、各種学校、介護福祉施設。この他にも枚挙を問いません。しかし、そのすべての場所で医療のプロフェッショナルとしての力量が求められます。大変な仕事です。
例えば病棟看護師であれば、病棟看護のプロたれ。救急救命であれば救急看護のプロたれ。それこそが看護師の持つべきプライドです。そのために必要なのは、看護の専門知識ももちろんですが、常に看護とは何か。看護師とはどういうものか。何を求められているのかということを考え続けることです。